江戸時代に生まれた 日本五大銘飯の“深川めし”受け継がれる伝統の製法と味をお楽しみください。

日本五大銘飯"深川めし"を味わえる、深川宿。
江戸前の味を今に伝え、2店舗にて皆様をお出迎え致します。
本店は清澄白河駅にあり、深川江戸資料館前にございます。
八幡店は、門前仲町駅の富岡八幡宮の境内にあり、参拝のお客様などにご利用いただいております。
そもそも深川めしは、新鮮なあさりを特製の味噌でさっとの煮立て、
汁ごとかけた“ぶっかけ”と、お醤油味で炊きこんだ“炊き込み”があります。
お近くには昔からの建造物や庭園などがあり、散歩などにも最適です。
その際に、お立ち寄りいただき、江戸の雰囲気を少しでも
感じていただければと思います。
お土産やお弁当などもございますので、ご自宅でもお楽しみください。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

日本五大銘飯“深川めし”とは?

東京メトロCM 門前仲町駅

東京メトロスペシャルムービー